黄ばみやヨゴレを解消!
歯を白くしたい
あなたへ

歯のホワイトニングには成分をチェック!

歯を白く保っておきたいという願望は男女共通のものでしょう。歯のキレイな人は出世すると言われており、日本でも最近は歯のホワイトニングには人気があります。手軽に歯を白くするには、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使うのが効果的です。歯が白かったり、キレイだったりするだけで、他人から見た雰囲気が大きく変わってきます。歯科医院で本格的なホワイトニング施術を受けるとお金もかかりますが、歯磨き粉を使ったホワイトニングは手軽に取り組めます。

本来、歯は白いものです。淡い乳白色というのが、自然な歯の色ですが、食べ物や喫煙などの生活習慣から来るステインという物質によって黄ばんだり汚れたりします。このステインを除去する効果のある成分を含む歯磨き粉を選んで使うようにすると、歯は白くなってきます。歯を白くするホワイトニング効果のある成分はメタリン酸ナトリウムです。これは乳化剤などにも使われている添加物ですが、歯磨き粉に使われているのは微量で、安全性は充分に確認されています。歯磨き粉の研磨剤にあたる物質で、白い歯を保つために有効な成分です。実際に一般的な歯科医院でも、歯の表面に付着したステインを除去するのに、このメタリン酸ナトリウムを使っています。

白い歯だと歯並びも良く見えて、表情も明るく感じさせることができ、自信も高まります。清潔感をアピールすることもでき、仕事のできそうな人に見せることができます。メタリン酸ナトリウムを含む歯磨き粉は、普通の商品よりも値段が張りますが、それだけの価値はあります。メタリン酸ナトリウムは研磨剤の一種なので、あまり大量に使用しないようにしましょう。少量をつけて、ゴシゴシとこすらないことが大切です。あまり大量につけて、しかもこすりすぎると、歯だけでなく歯肉や歯茎を傷めることになります。無理に力を入れる必要はありません。海外で販売されている歯磨き粉には、歯科医院で使用されるメタリン酸ナトリウム以外のホワイトニング剤を配合していますが、これは日本ではまだ認可されておらず、一般のドラッグストアなどで販売されているような歯磨き粉には配合されていません。